トップページ >  > 中国産の精力剤ってどうなの?やっぱり危険?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国産の精力剤ってどうなの?やっぱり危険?

中国産の精力剤ですが
中国4000年の歴史と言われるくらいですから
精力剤の成分として古くから愛されている食物、成分もあるでしょう。

ですがメリットとデメリットを比較してみると
メリットの優位性が少ないと感じられるのが現状です。
中国産の精力剤の全てが問題というわけでは無いのですが
中国産の精力剤の一部(どのくらいかは不明だがかなりの数で)では
コッソリ、日本で言うところの『薬』の成分が配合されています。

当然ながら勃起薬の成分ですから
ED対策としては有効ですね。
これは消費者目線で言うと何も知らないので
『中国産の精力剤はすぐに効くなぁ〜凄い!』
という風に思ってしまいます。

良質な天然成分で効果の高い精力剤を作るよりも"薬"の成分をコッソリ配合する方が コストが安いのが理由のようです。

当サイト管理人コイルとしては
このような状況は良いとは思えません。
なぜなら薬の成分では
本質的なEDや精力減退の改善にはならないからです。
どういうことかと言いますと
薬は所詮、飲んでる間にしか効かないということです。

残念なことですが・・・・・・
これから先、EDを根治する薬が開発されるのであれば話は別ですが
現在の勃起薬では性行為の1時間ほど前に服用し薬の効いている間だけ勃起させるという物です。

ですのでこのような"薬"の成分がこっそり入っているような精力剤はオススメできません。
"勃起薬"には本質的な改善ができないばかりか
動機や息切れ、心臓に負担をかける等の副作用があります。
精力が減退しているような中高年の男性には負担になると考えています。
ですので日本の厳しい規制の中での薬の成分には頼らない本質的なEDの改善を狙う精力剤を選んでいくことをオススメします。
中国産の精力剤って何だか効きそうなイメージがあるけど飲んでも大丈夫なのか? その疑問に答えていきます。中国産の精力剤のメリットと危険性についても合わせて説明していきます。